豊中市(少路駅徒歩5分)の歯医者「少路かねこ歯科医院」の審美歯科・ホワイトニングのページです。

審美歯科・ホワイトニング

美しさと機能性を備えた審美歯科

豊中市の歯医者「少路かねこ歯科医院」では、見た目の美しさと機能性を備えた快適な審美歯科・ホワイトニング治療を行っております。歯を綺麗にしたいとお考えの方はぜひ当院へお越しください。

審美歯科治療

審美歯科治療

審美歯科治療とは歯の色調・形態の不調和や、う蝕(むし歯)や外傷、不適切な治療などによって失われた歯の見た目と機能を、より自然な色調と形態に改善し、機能性のある歯へ回復するための治療です。
当院では患者さんに安心していただくため、以下のことにこだわりを持って取り組んでおります。

仮歯作りへのこだわり

審美治療の重要なステップの一つに、プロビジョナルレストレーションと呼ばれる、最終的な補綴物(被せ歯)の形態を模し仮歯を作る工程があります。
このプロビジョナルレストレーションで噛み合わせ・歯の形態とバランス・口唇と歯列の位置関係・顔貌と歯軸の関係などを確認・調整を行い、その形態を参考に最終的な補綴物(被せ物)を作成します。
プロビジョナルレストレーションで最終的な補綴物のシミュレーションを行っているため、調和の取れた形態の補綴物を作成することができます。

  • 仮歯作りへのこだわり1

    前歯部の補綴物(被せ歯)の形態と色調の不調を訴えて来院

  • 仮歯作りへのこだわり2

    プロビジョナルレストレーションでシミュレーション

  • 仮歯作りへのこだわり3

    患者さんの意向を取り入れ最終補綴物はやや丸みのある形態に変更
    ※色調は患者さんの希望により自分の歯よりも白めなものにしています。

印象(型取り)へのこだわり

印象(型取り)へのこだわり

最終補綴物(被せ歯)を作るためには、印象(歯の型)を取り、石膏模型を取る工程があります。
型取りが悪いと精密な歯を作ることができません。精密な型取りをするためには、歯肉に炎症のない状態で、適切な形態に歯を削り、型を取る必要があります。特に歯肉の炎症は型取りに大きな悪影響を及ぼしますので、当院では必要に応じて歯肉に対する処置を行ったあとに型取りの工程へ移ります。
この工程を経て作成された模型は、高い技術を持つ歯科技工士が歯科医師と密に連携をとり、患者さん一人ひとりに合わせた被せものを作成いたします。

審美歯科素材について

当院では自然な歯と区別がつかず耐久性にも優れた「オールセラミック」から、「ハイブリッドセラミック」、「メタルボンド」まで、患者さんのご要望や症状に合った審美治療のご提案を行っています。当院の審美治療メニューをご紹介します。

クラウン(被せ物)/インレー(詰め物)

オールセラミック

オールセラミック
クラウン インレー

金属を一切使用しない、メタルフリーの修復法です。主成分は二酸化ジルコニウムのオールセラミックスの被せもので、金属アレルギーの心配がありません。金属が原因で歯ぐきが変色することもないため、見た目にも美しく、現時点で最高の審美治療法です。

■体との親和性:★★★★★
■審美性:★★★★★
■耐久性:★★★★★

フルジルコニア

フルジルコニア
クラウン インレー

ジルコニアを使用したクラウンが、ジルコニアセラミッククラウンです。金属を使わないため、金属アレルギーや歯ぐきの変色などの心配がなく、強度も高いため、奥歯やブリッジに使用することもできます。

■体との親和性:★★★★★
■審美性:★★★★★
■耐久性:★★★★★

メタルボンド

メタルボンド
クラウン

ポーセレンを焼き付けたメタルとセラミックスを複合し、貴金属のフレームの上に装着した被せものです。メタルで補強することで、硬くてもろい性質を持つポーセレンに強度と耐久性を持たせています。歯1本からブリッジまで広範囲に応用可能な治療法です。ただし、デメリットとして金属アレルギーの人は使用できません。

■体との親和性:★★★★★
■審美性:★★★★☆
■耐久性:★★★★☆

ハイブリッドセラミック

ハイブリッドセラミック
クラウン インレー

セラミック(陶器)と、レジン(プラスチック)を混ぜた材料です。セラミックよりもやわらかいため、他の歯にやさしいというメリットがあります。色合いは、セラミッククラウンに比べるとやや劣り、徐々に変色します。

■体との親和性:★★★☆☆
■審美性:★★★☆☆
■耐久性:★★★☆☆

ダイレクトボンディング

ダイレクトボンディング

むし歯部分を削り取ったあと、歯の色に近い特殊な樹脂素材を直接(ダイレクトに)歯に盛りあげていき、形を整え、光を照射して硬化させます。
従来の治療では歯を削ったあとで歯型をとり、人工歯を作製してから装着するので、時間がかかりますが、ダイレクトボンディングは削ったその日に治療が完了します。また歯を削る量も少なくて済むのもメリットです。

ラミネートベニア

ラミネートベニア

歯の表面をうすく削り、歯に貼り付けて形や色調を改善するのがラミネートベニヤです。クラウンに比べると、歯を削る量を少なくできますが、強度が弱いというデメリットもあります。

ホワイトニング

ホワイトニング

ご自身の歯の色が気になる方には、ホワイトニングをご提案しています。
当院では、患者さんがご自宅で行う「ホームホワイトニング」をおすすめしています。

ホームホワイトニング

ホームホワイトニング

専用のマウストレー(マウスピース)にホワイトニングジェルを注入して毎日一定時間装着していただきます。
個人差はありますが、2週間から1ヶ月ほどすると色の違いを実感できます。
副作用として最もよくあるのが知覚過敏症状ですが、殆どの場合一時的に使用を中止すると症状は改善されます。

治療例(治療期間:4週間程度)
  • 治療例(治療期間:4週間程度)

    歯の色が黄色いので白い歯にしたいとの希望により10%過酸化尿素含有製剤を使用しホームホワイトニングを行いました。

  • 治療例(治療期間:4週間程度)

    ホームホワイトニングにて4週間の治療後の写真です。術中は知覚過敏の症状が現れましたが、適宜使用を中断しながら行いました。

ウォーキングブリーチ・ガムピーリング

ウォーキングブリーチ

ホームホワイトニング

ウォーキングブリーチは、通常のホワイトニングでは白くできない「神経が死んで内側から黒く変色した歯」に対して効果を発揮するホワイトニング処置です。歯根の中に直接ホワイトニング剤を入れ、内側から歯を漂白していきます。

治療例(治療期間:4週間程度※1週間に1度薬剤交換)
  • 治療例(治療期間:4週間程度※1週間に1度薬剤交換)

    前歯が黒いのでなんとかしたい、との訴えにより治療を行いました。問題の歯は、失活歯(神経を取った歯)であったので、ホームホワイトニングでは改善しにくいと判断し、ウォーキングブリーチを行いました。ホワイトニング剤を髄腔内(歯の内部)に入れ、一週間ごとに薬剤を交換し4週間行いました。

  • 治療例(治療期間:4週間程度※1週間に1度薬剤交換)

    問題のグレーがかった歯の色は改善し、患者さんも色調に満足したためウォーキングブリーチを終了しました。更に全体的に色を改善したいとの訴えが有りましたので、その後ホームホワイトニングを行いました。

ガムピーリング

ガムピーリング

歯ぐきにメラニン色素沈着が起こり黒ずんでしまっているときには、薬剤を使用して歯ぐきをピーリングします。

治療例(治療期間:2週間程度※2回)
  • 治療例(治療期間:2週間程度※2回)

    歯肉が黒いのなんとかならないか、との訴えにより治療を行った患者さんです。
    問題の歯肉はメラニン沈着により黒ずんでいたので、ガムピーリングを行うことにしました。

  • 治療例(治療期間:2週間程度※2回)

    表面麻酔下でフェノール製剤を歯肉に塗布し、歯肉の表層を処置しました。薬剤の塗布により歯肉の表層は剥がれ、約一週間後に新たな歯肉が再生し、2回の処置で色調が改善しました。
    歯肉の表層が一時的に剥がれている時期は、刺激物により軽度の疼痛が現れることがありましたが、日常生活には特に支障がないとのことでした。

totop