豊中市(少路駅徒歩5分)の歯医者「少路かねこ歯科医院」のインプラントのページです。

インプラント

天然の歯に限りなく近いインプラントができます

豊中市の歯医者「少路かねこ歯科医院」の院長は歯学博士で、患者さんの歯を残すことを第一に考えた治療を行っています。歯を失わないための予防と歯を残すための専門治療を行いますが、歯の寿命などで残念ながら歯を失ってしまった患者さんには、インプラント治療を行います。インプラントは天然の歯に限りなく近い自然な仕上がりになります。

インプラント

インプラント

インプラント(人工の歯根)を顎の骨に埋め込み、セラミック性の人工歯を装着する補綴(ほてつ)治療方法です。これまでのブリッジや入れ歯と比べて、天然の歯に近い自然な仕上がりになります。快適な噛み心地で見た目にも優れています。

ほかの治療法との比較
インプラント メリット
・違和感がほとんどない
・天然歯を削らないので、負担がない
・顎の骨に固定するので、硬いものもしっかり噛める
・本物の歯のような自然な仕上がりになる
デメリット
・保険適用外診療となる
・外科処置が必要となる
・ほかの治療に比べて治療期間が長い
ブリッジ メリット
・口の中に異物を入れている違和感が少ない
・ブリッジで固定するので、しっかり噛める
・外科手術をする必要がない
・保険適用で治療できる
デメリット
・ブリッジの土台となる健康な歯を削る必要がある
・健康な歯を支えにした治療のため、歯に負担がかかる
・連結して固定するので、ブラッシングがしにくい
入れ歯 メリット
・天然歯を削ることがほとんどないので負担が少ない
・外科手術をする必要がない
・治療が簡単なので、治療期間が短い
・保険適用で費用が安い
デメリット
・歯ぐきに接する「床(しょう)」のプラスチック素材の厚みがあり、口の中に異物を入れている違和感が出やすい
・噛み心地が大きく劣る
・見た目がよくない
インプラント治療メニュー

歯が抜けたスペースに周辺の歯が倒れてきて、噛み合わせや歯並びが悪くなります。その影響で残った歯への負担が大きくなり、歯の寿命を縮めたり、しっかり噛んで食べることができないため肥満になりやすかったりといったさまざまな弊害が起きてきます。そのため、歯を失った場合はできるだけすぐに専門歯科で治療を受けることをおすすめします。ここでは、当院で行うインプラント手術法をいくつかご紹介します。

サイナスリフト

サイナスリフト

骨の厚みが3~5mmより薄いときや、多くの歯が失われている場合に行います。骨が薄すぎるとインプラントの固定が難しいため、まず骨の移植を行います。骨がしっかり形成されるまで3~6ヶ月の期間をおいて、インプラント手術を行います。トータルで5~8ヶ月の治療期間を必要とします。

ソケットリフト

ソケットリフト

骨の移植と同時にインプラント手術を行います。歯の生えていた部分、または抜歯した部分に埋め込みます。骨の移植と埋め込みを同時に行うため、治療期間が短縮され、体への負担も少なく、腫れや痛みもほとんどありません。

GBR

GBR

GBR(骨誘導再生法)は欠けてしまった顎の骨や、顎の骨と歯を繋ぐ歯槽骨(しそうこつ)などの骨組織の再生を促す治療法です。インプラントを固定するためには、最低3~5mmの骨の厚みが必要で、十分な厚みがない場合に行います。

CHECK!

CHECK!

インプラントは、本物の歯のような自然な仕上がりで硬いものもしっかり噛めるというメリットがある反面、保険適用外であり、外科処置も伴う治療です。
メリット・デメリットをしっかりと理解した上で、治療を進めることをおすすめします。
もしインプラント治療に関してわから ないことなどあれば、どうぞお気軽にご相談ください。

totop